【ジャーナル発行の想い】

地域と共に自分を楽しみながら生きる
自分たちのまちは自分たちでつくる

縁があって暮らし、働くまち、茅ヶ崎
受け入れられ、育てられ、見守られ・・・。だんだんと私もまちの人になってゆく。
自分のまちを知り楽しむこと。発信して仲間を作ること。
迷惑をかけながら関わり合うこと。
ナショナルチェーンではなく、地域のモノや店を優先して使うことは、自分たちの生活、風景、未来を守るために「当り前のこと」なのではないでしょうか。
ローカルファーストに暮らすことで、まちは豊かになります。
それは、自分にとっても子ども達にとってもハッピーなこと。
Live! Love! Local! みんなの好きな茅ヶ崎を、もっと素敵な茅ヶ崎に。
一人ひとりが地域に優しい選択を。
今までも、これからも。ずっとローカルファーストで生きましょう!

 

CONTENTS

ローカルファーストジャーナル Vol.1

【特集:「Local First」クロージングイベント】

〇ALOHA CHRISTMAS ~ウィッシュツリー~
〇「ローカルファースト」次へつながる「カタチ」

【特集:ローカルファーストが「居場所」をつくる】

【特集:浜見平商店会場イベント「50回目の誕生会」】

【五感で感じるまち歩き】

【交差点をデザインする!】

【第4回ローカルファーストシンポジウム】

 

Information

本誌作成にご協力いただいた方々
第5回ローカルファーストシンポジウム開催案内 / 高松市丸亀町商店街視察

 

「茅ヶ崎ローカルファーストジャーナル」は、茅ヶ崎市内の行政機関などで無料配布しています。
ご希望の方はまとめての頒布もさせていただきますので、お問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

ローカルファーストジャーナルvol.5を読む »